2007年9月23日 秋分の日


暑い暑いとぼやいてばかりいたこの夏。
やはり歴史的に暑い日が続いたのだという。
良かった年のせいでの思い過ごしではなかった。
ここ2〜3日暑くも寒くもなく・・気温については無我の境地・・。
今日はもうすぐ来るであろう秋・・様子を探りに郷土の名山霧島山界隈へ
秋分の日、時も良し・・周辺を散策しようと出かけた・・
懐かしいあの山・・あの川・・あの風景・・。




県道31号線都城霧島公園線を庄内西岳と走ると
左下に綺麗な渓谷が見え隠れする・・。
道路脇に車を止め降りて行くと
そこは何と言う名前か?スッコン谷という・名の由来は??。
ゴーゴーと小さな滝を水が落ち激流となる。

  

同じ流れが清流になったり、激流になったり、音を立てたり・・。
社会の流れの中での自分の感情が見え隠れする感じがする。
時には静かに・時には激しく・時には落ち込む・・。
川の流れ・・それはあたかも私の人生の流れの様・・。




吉の元バス停近くに車を止め
郷土の名山霧島山を望む・・。
苦しいときも、楽しいときも・・いつの時でも
折りにつれ・・無言の生き様を
教えてくれる霊峰高千穂の峰・・。



鹿児島県との県境
高千穂牧場に着くとそこは延々と・・緑・・。
霧島連山を一望出来る別天地。
標高500mの高原・・。
乳搾り、乗馬の体験
牛や馬、羊やウサギなどとのふれあい体験
そしてバーベキューで牛やラム肉
そしてソーセージが味わえる。
そして美味しい牛乳、乳製品、が売られ
大人も子供も一緒に遊べる
教育豊かな健康的な遊び場である。


ここで鹿児島県霧島市国分住まいの
長男智一ファミリーと合流する。


  

絵を描く嘉津子さん:仔牛・成牛とスキンシップを計る騎崇(のりたか)君 

霊峰高千穂峰をバックに智一ファミリーと嘉津子さん

  

孫の騎崇(のりたか)君食べて、乳搾りやエサやりの体験そして牧草の中でサッカーも・・。

  

霧島神宮やえびの高原に行くが
好天に恵まれしかも3連休駐車場が無く
見学不可・・えびの高原より県道30号霧島バードライン
を下り遠くえびの市へ足をのばす・・。


孫の騎崇(のりたか)君用事で帰る父母と別れ私たちと行動を共にする

騎崇君たっての希望で新装コカコーラえびの工場を見学





1時間の待ち時間を経過し工場を見学する。
最後無料試飲のコーラ・グレープジュース等
い〜つぱい飲ませて頂き・・感謝〜・・。
残念ながら最新鋭の機械はメンテナンス中
ということで止まっていたが
見学は充分満足満足・・。


国分に騎崇(のりたか)君を送り届ける途中
これも騎崇君のどうしても連れてって〜の
リクエストで栗野のアートの森へ。

  

  

無心に遊ぶ孫ののりたか君・・
そして相思相愛?の都城のお祖母ちゃん
小さい頃の長男智一(ともかず)君の仕草をそっくり引き継ぐのりたか君
一緒に遊んでいると昔を思い出す・・ちいさいころの智一君に
想いは馳せる・・忙しかった・・生活が苦しかった等々
懐かしさと充分に遊んでやれなかった懺悔の気持ち・・。
爺ちゃん祖母ちゃんと慕ってくれる
智一君の長男のりたか君
別れが切ないが・・すぐ又会える・さ・
国分の自宅お父さんお母さんの元へ夕方
今日の思い出一杯の騎崇(のりたか)君を送り届ける
日が落ちると風が冷たい・・秋の風情がそこまで来ている・・
20時都城へ帰り着く・・霧島周辺行楽のドライブが終わる。


ホームページへ戻る