2008年1月18日〜22日

中国・西安 兵馬俑(へいばよう)見学

2008年新しい年が始まった。ばかりだが、一度は行ってこの目で見てみたい・・。
新聞広告で探していたツアーが見つかり早速交渉・・
JTB福岡旅物語を利用し中国西安に向かう・・。
遥か2千3百年の昔々・・
秦の始皇帝を守った兵や馬をかたどった6000体に
及ぶ陶製の像や数々の副葬品・・。
テレビ映像や歴史物写真では見、知っていたこの遺跡。

1974年この遺跡が発見されそれ以来随時発掘調査が続いているという・・。

  鹿児島空港を出発し福岡、上海と乗り継ぎ中国の奥深く綾西省の省都西安(人口約1,000万人)国際空港
に着いたのはもう真っ暗な時間。折しも今年初めての雪という・・これも何かの縁・・寒いが気合いが入る。

機内食は多彩・・。 西安国際空港は夜・雪景色 到着時間2008年1月18日19時27分


兵馬俑記念館説明板


秦王朝の権威と驚くべき数の造像技術者の作品。
二体と同じものは無いという。
芸術性の高さと文化の高さを2200年前も前から持つ
中国の歴史の底知れぬ奥の深さ・・。
現物を身近で拝見し、ただただ感嘆するのみ・・。
人類の英知と力恐るべし・・何とか近代においても生かして欲しい・・。
(建夫考)



上海国際空港よりいざ西安へ

ホームページへ戻る